保育園 託児所 幼稚園 選び方

保育園と託児所、幼稚園の特色。選び方は?

保育園と託児所、幼稚園の特色。選び方は?

近年では、仕事を持つ女性も増え、子供を早い段階から預けたいママも増えています。預ける場所は、保育園や託児所、幼稚園などがありますがどう違うのでしょうか。
保育園は、厚生労働省の管轄で、疾病や介護、出産を控えてる場合や仕事復帰する家庭が預けます。家庭にいるようなリズムをつけるので、お昼寝もありますし、制服では無く私服の所が多いです。早い時期から預けられるので、仕事を持つ方に人気です。
一方で、幼稚園は満3歳から預かります。文部科学省の管轄なので、読み書きを教えたり、私立だと習い事をする所もあります。昼過ぎまでを主としていますが、最近ではニーズが増えているので延長保育をする所も増えています。
また、最近ではこども園というものもあります。こども園は、保育園と幼稚園の良い所を併せ持ったもので、人気は高いのですが、数は少ないようです。
近年では、保育園のニーズが増えていますが、待機することが多いので、託児所の利用も増えています。託児所は、保育園のサイズより小さめな所が多いですが、時間で区切れますし、用事の際でも気軽に利用できます。
保育園も幼稚園も託児所も、現代のニーズに合わせて変化しており、特色を出す為に様々な取り組みをする所が殆どです。また、子供にとって、初めて集団生活をするので、不安です。最近では遊ぼう会など解放している園も多いので、見学がてら行ってみる事をオススメします。自宅との距離など交通機関のこともありますが、先生の相性もありますし、方針が合わないと、後々大変ということもあります。地域によって、数は異なりますが、複数の園を覗くのがいいのかもしれません。
また、人気の園だと事前に予約したり、幼稚園だとプレ教室が必要な場合もありますので、興味がある園は、直接伺ってみてはどうでしょうか。
市町村により、料金も異なりますから、役所からの案内なども目を通す必要があります。不安であれば、直接役所の担当者に伺うのもいいのかもしれません。また、役所だと幼稚園の特色と保育園の特色を知っているので、どちらがいいのかアドバイスをもらう事が出来ます。
その前に、ママ自身も、仕事を続けるのか、専業で育てるのかでも預けられる場所が異なりますから、色々な方法を検討する必要があります。子供の大切な時期ですから、早い時期にどの園がいいのか家族で話し合いをするといいと思います。

更新履歴